イマドキの婚約指輪の相場は?

「婚約指輪の価格は給料3か月分」という言葉を耳にしたことがある方も多いと思います。婚約指輪を用意することになった男性は、真っ先にこの言葉を思い浮かべ、戦々恐々としてしまうこともあるのではないでしょうか。 現在の男性の平均結婚年齢は、30.7歳。そして平均月収はおよそ30万円ほどと言われています。 「ということは、指輪の価格は90万円!?」 いいえ、ご安心を。実際の平均価格は31.7万円。最も多い価格帯は20~30万円、次いで多いのが10~20万円となっています。「これなら手が届く範囲」とホッとした方も多いのではないでしょうか。皆さん堅実に、自分の経済力の範囲で気に入ったものを選んでいるようですね。ちなみに価格と満足度は特に比例せず、例え平均より安くても彼の心がこもったもの、自分が気に入ったものなら満足できるというのが女性の本音のようです。 ちなみに婚約指輪で最も多く選ばれるのはダイヤモンドのリングですが、ダイヤのカラット数の平均はおよそ0.2~0.4カラット。60%以上の方が、0.4カラット以下の指輪を選んでいます。 指輪の値段はダイヤのカラット数で決まる訳ではありません。同じ予算でも、「ダイヤが小さくても仕方ないからブランドにこだわりたい」という方もいれば「大きなダイヤがいいのでノーブランドの指輪を買いたい」など、指輪を選ぶ基準は人それぞれ。 値段的にもデザイン的にも、二人にとって満足いく指輪選びができるといいですね。

関連情報

結婚指輪は社会で重要な意味をしめています。しかし、今の世代あまりつけていても男性社会では、あまり地位が高い事ではなくなってきています。

一生身に着けることになると思われるマリッジリング。マリッジリングの人気はどのようなものがあるのでしょうか。


理想の婚約指輪の渡し方

恋人にプロポーズをするために入念に好みを調べて購入した婚約指輪、せっかくなら相手には一番喜んでくれる方法で渡したいものです。しかしいざ渡そうとした時にどのような方法で渡せば喜んでくれるのかを悩む男性も多いと思います。 最も一般的で思い出に残る渡し方といえば二人の交際が始まった記念日に渡す方法です。女性は男性よりも記念日に特別な思いを抱いています、二人の交際がスタートした日にプロポーズすればより一層絆も深まります。 ほかには誕生日なども喜んでもらえます、誕生日プレゼントとして渡したぬいぐるみの中に仕込んでおいたり、絵本などの最後のページに貼っておいたりすると素敵なサプライズになります。 またプレゼントではなくレストランなどでディナーをする時にお店のスタッフに頼んで置くのも良い方法です。ある程度の高級店ならそのようなサプライズにも対応してもらえるのでディナーの最後に特別メニューとして婚約指輪が出てくるなどはドラマティックな演出ではないでしょうか。 少し変わった方法としてはなんでもない普通の日にあえて渡す方法もあります。記念日や誕生日ではない日常の何気ない一日にプロポーズをするのが本当のサプライズと言えます、何も期待していない時に婚約指輪を渡されたら嬉しさも大きいのではないでしょうか。 理想とする指輪の渡し方は人それぞれです、一生の記念になりますので素敵なプロポーズを考えてかけがえのない思い出にしてください。